抗鬱に対するもの

薬を水で飲む男性

躁鬱病では、鬱病の薬を服用してしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。躁転という、鬱状態から突然躁状態に変化するものであり、厄介な躁状態を誘発する事態となるため、問題なのです。躁鬱病は、通常の?型であれば周囲の人にも態度の変化が見て取れるため、すぐに判断がつきます。しかし、?型の躁鬱病であれば、傍目から見てもあまり急激な変化が見られないため、鬱病と勘違いされやすいという問題があるのです。鬱病と勘違いしたまま、鬱病に対しての薬を服用し続けると、効果が得られないばかりか躁転によるトラブルを起こしてしまう様になるため、注意が必要なのです。躁状態は自覚しにくいため、薬を間違えて服用していても気付きづらく、そのまま何年も間違った治療法を続けてしまうこともあるのです。間違った薬での治療を受け続けていると、躁鬱病が悪化し、躁状態と鬱状態のサイクルが早まるラピッドサイクリングと呼ばれる状態を引き起こします。ラピッドサイクリングでは、一年間のうち何度も躁鬱を繰り返してしまうため、通常の生活を送る事が難しくなるのです。こうした事態を防ぐため、治療を受ける病院の医師に対して、問診で細かく自分の症状を伝える必要があります。鬱による症状以外にも、何故か気分が良くなる時期があった事も伝えることで、適切な投薬による治療が受けられます。

躁鬱病の病院では、患者さんの身近にいる家族などからも話を聞いて判断を下します。こうした精神の病は、計器などで測って調べることはできないため、患者さんへの問診によってしか判断が行えないのです。そのため、こちらが問診で包み隠さず伝えるほか、丁寧に患者さんの話を聞く病院を探すことも重要となるでしょう。